雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

ニートで暇だから懐かしの駄菓子でも販売してみる

暇な時はこうしてブログ上で臨時のお店を開くかもしれません。

仕入れる商品は完全に管理人の気分となる予定です。




なんで駄菓子?


きっかけは街を歩いていたらケース入りのホッピーを大量に運んでいるトラックとすれ違ってちょぴりノスタルジーな気分になったからです。





あのポッピーの文字のフォントにとても懐かしい気分にはなりませんか?🍻





駄菓子って大人になってなかなか買わなくなりましたが、子供の頃はお小遣いを握りしめて10円~30円くらいのお菓子を組み合わせて割と色んな種類を一緒に買えていたような気がします。





そう考えると子供のお小遣いでも色々買えちゃう安い駄菓子をいっぱい作ってくれた当時の優しき大人達に感謝感謝ですね。





放課後家に帰ってきてから友達と遊んで、お腹が減ったら駄菓子を買ってまた遊ぶという。







いいな~、ちょっと戻りたい。













でも今はニートだからそんなに変わらないっか!









どうしてこうなった・・・ごめんね当時の優しき大人達・・・




いらっしゃいませ~




1.キャベツ太郎

【駄菓子】20円 キャベツ太郎(30個入)

【駄菓子】20円 キャベツ太郎(30個入)
価格:518円(税込、送料別)

これは美味しいですよね~。食感はかなり軽めです。





キャベツ太郎”ネーミングの由来について
当時のおやつはキャベツにソースをかけて食べることが多かったみたいで、ソース味=キャベツと連想させるから、とか芽キャベツに形が似ているからなどいくつか説があるようですが正解は分かりませんでした。
そして私にはずっとたこ焼きに見えてました





そもそもそのネーミングよりもパッケージのカエルの方が全然関係なくて気になってた人が多いのではないでしょうか?








2.テキサスコーン

管理人が勝手にキャベツ太郎の友達だと思っていたテキサスコーンです。





パッケージにたこやきって書いてありますね。





でもキャベツ太郎の方が見た目たこやきっぽいと思う






3.コーンポタージュ

甘くて美味しいです。しっかりコーンポタージュの味がします。





このお菓子も何故か当時の私の中ではキャベツ太郎の仲間でした。





特に女の子に人気のイメージがあります。






5.よっちゃんイカ

すっぱいんだけどそれがクセになる~。
あたりがでたらもう一袋ですね!





管理人はまるごと酢いかの方が好きだったり・・・





6.うまい棒

言わずと知れたチャンピオン級駄菓子です。



これって昔うまか棒だったよね?と思ったそこのアナタ。



昔からずっとうまい棒うまい棒でしたよ。



でも、大丈夫!ググってみたら同じような人沢山いたから。そして管理人もです。

※うまか棒というアイスキャンディーならあります。





味が豊富なのと、一本10円という手軽さから選べる楽しさがありました。





でもやっぱりサラダ味が一番人気だったと思います。







7.ごえんがあるよ

あやしい楽しい占い付きの五円玉型チョコです。




普通に美味しいです。








8.そのまんまグレープガム

3個に1個すっぱいガム。そしてそれが食べたい。







9.ビッグカツ

ペラッペラだけど子供が好きな味ですよね。





誰もが気になったその中身は実はお魚のすりみなどの魚肉だって知っていましたか?






10.ココアシガレット

ちょっぴり大人の気分が味わえる駄菓子。





渋めなパッケージとは裏腹に中身は普通のラムネです。





子供の頃はなぜココア?と思っていましたが、原料にココアが入っていたんですね。





まいどあり~


とりあえず10商品をご紹介してみましたが懐かしくてとても楽しかったです!







意外に味も覚えているものですね。久々に駄菓子が食べたくなってきました。







この記事を書くにあたって覚えている駄菓子を書き出してみたのですが、まだまだ出てきたので、また暇な時には駄菓子屋が開かれそうな予感です。
では初回はこの辺で終了したいと思います。


暇なんで後日続編?作りました。
yukiusaginobettaku.hatenablog.com