雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

久しぶりにマリオカート64がやりたいだけの話

マリオカートの存在を急に思い出して無性にやりたい感じです。

きっとこれはこの前にボンバーマンなどという懐かしいゲームを思い出したせい・・・

そして64を一緒にやってくれる人がいそうに無いのでコントローラーは1個でいいです。

懐かしのニンテンドー64

 64はコントローラーを最大4つまで接続でき、それまで2つが最大だった家庭用ゲーム機の歴史を変えたともいえるゲーム機である。

 64のコントローラはとてもカラフルなので、4つのコントローラが全て違う色だと大変目に毒だったりしますが、きっとそれぞれに「私のコントローラーはコレ」みたいなお気に入りカラーがあったのではないでしょうか。

そして64のコントローラーの形もユニークであり、3Dステック(中央のくるくる回せるやつ)も付いているのだが、これでの操作が中々面白かったりする。

 

なんとなく今3Dステックについてググってみたら

3Dスティック、グラグラ」だとか「3Dスティックの修理の仕方」などの情報を至る所で発見。

家のコントローラーは4つとも無事でしたが、確かにあれは壊れやすいかもしれませんね。

ついつい力が入ってしまうのはわかります。

あの頃のみんな(少年のイメージ)はそれだけ64に夢中だったというわけです。

 久々にマリオカート64(以下マリカー)がやりたい

ボンバーマンもいいけどね

yukiusaginobettaku.hatenablog.com

 発売当時、マリカーには随分とハマりました。

4人で競争出来るとあって子供たちの間では大人気(確か)

4つもコントローラーがあるのでマリオパーティーとかみんなで楽しめるゲームがたくさん発売されました。(今の時代だとwiiですね)

私も家にいる時は一人、あるいは兄弟と一緒にマリカーの腕を磨いていたのでこのゲームはそこそこ得意だったのです。

 

何人かの友達と集まってマリカーをするときに、レース中の画面のキャラクターに合わせて一緒に身体が傾いてしまっている子がいると

これは分かりやすい、あれは素人だ。とその段階で勝利を確信しました。

 

そしてキャラクター選択の際は素早くピノキオを確保する。(私はピノキオでないと途端に走るのが遅くなります)

キャラクターにはそれぞれの特性があったりするので、操作する人によって使いやすいキャラとそうじゃないキャラがいると思います。

 ピノキオは速さがトップクラスだったので結構有利だと思っていました(しかし安定性は低い)

コントローラーの線ぐちゃぐちゃ問題

子供というのは遊んだら遊びっぱなしなものなので(私だけ?)うちのコントローラーは遊び終わったらそのままその場に投げ捨てられ、そしてすぐに絡まっていました。

遊ぶのは楽しいけど、片づけるのは面倒くさい、ということです。

コントローラーに線をくるくると巻き付けて片づけるのは大変に面倒くさい。

しかも64の場合×4である。そんなことをしていたら日が暮れてしまう。

だからその内「遊んだらちゃんと片づけなさい」という母親の言葉に対して「またすぐ使うから大丈夫」という正論で返すようになる。

そしていつからか家にはニンテンドー64の収納ケースが登場。

家にあったのはキャスター付きの3段の物だったのですが、一番上に64で真ん中の段にはスーファミを収納してしまったので結局コントローラーをしまう場所が無く遊ぶ度に結局ぐちゃぐちゃになる。(一番下はゲームソフト専用)

 

 久しぶりにマリオカート64がやりたいだけの話

はい、この記事のタイトルの通りただそれだけの話です。

そしてやっぱりあれはみんなでやるから楽しいんですよね。

ゴール直前にカミナリを落として相手を追い越したり、ガケっぽいところから突き落としてやるのも隣からの「おい、ふざけるなよ!」が聞きたいが為だけだったりします。(自分がやられると超ムカツク)

きっと今も実家のどこかでホコリを被っていると思うので今度帰省した時にでもやろっかな・・・

 

マリオカート64

新品価格
¥9,980から
(2016/4/3 23:37時点)