雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

虫嫌いも安眠できる”蚊帳”が欲しい話

寝ようとしているときにあの「ブーン」という小さい羽音が聞こえてきたらもう眠れない。

そんな季節がすぐそこまでやってきています。

蚊帳があれば蚊はもちろんのこと様々な虫の侵入を防ぐことができるのに、なぜ廃れてしまったのでしょうか?

 最近暖かいので虫の出現が心配です

今住んでいるところには去年の年末に引っ越してきたので夏になるとどれくらいの虫が現れるのか・・・今から心配しています。

 

私が7~8年前に住んでいた家は一階なこともあり、虫が多かったです。

その時は友達とルームシェアをしていたので心強かったのですが、今は一人暮らしなので毎年不安でいっぱいです。

 

その後一階に住むことは無くなりましたが、当時を振り返るとあの家ではよく虫に遭遇するし(みんなが嫌いな黒いやつもね!)全くもって劣悪な住居環境だったなと思います。

 

そんな時によく考えていたのが「蚊帳があれば安心して眠れるのに」ということでした。 

しかし私は実際の蚊帳を見たことがないのです

まずは蚊帳の歴史についてWikipediaで調べてみることにしました。

蚊帳の使用は古代にまで遡り、古代エジプトクレオパトラが愛用していたという。18世紀にはスエズ運河の建設など、熱帯地方での活動に蚊帳が使用された記録がある。

日本には中国から伝来した。当初は貴族などが用いていたが、江戸時代には庶民にも普及した。「蚊帳ぁ、萌黄の蚊帳ぁ」という独特の掛け声で売り歩く行商人は江戸に初夏を知らせる風物詩となっていた。

蚊帳 - Wikipedia

どうらや日本の庶民は江戸時代から蚊帳を使用していたようですね。

しかしなんでも最初は貴族の物だったようです。(傘もです)

 

 

私は蚊帳を見たこともなければ使ったこともない人間ですがあの家に住んでいたころは、幼いころに繰り返し見ていた「トトロ」のあのワンシーンをいつも思い出していました。

 

あのワンシーン

f:id:yukiusagiv:20160610203556p:plain

 私が蚊帳の存在を始めて知ったのは恐らくこのシーンを見た時だと思います。

これは安心してぐっすり眠れそうですね!

 

「あれさえあれば私は安眠を手に入れることができる!」と、あのワンシーンを思い出しては見たこともない蚊帳という存在に思いを馳せていました・・・。

 

なぜ蚊帳は使われなくなったのか?

やっぱり蚊取り線香などの虫よけが普及したからでしょうか?

 

実家では祖母が蚊取り線香を使っていますが、煙たいし、部屋が真っ白になるので正直好きではありません。(やっぱりあれはお年寄りがメインユーザー?)

 

しかしいざ蚊が現れたとなると私はまるでお寺の常香炉のように必死にその煙を浴びてしまうのでした・・・。(※本来蚊取り線香はそのような使い方はしません)

f:id:yukiusagiv:20160611205357j:plain

あーありがたい、ありがたい。

 

あのワンシーンにもちゃっかり蚊取り線香と思わしきものが映っていますね。 

 

 

蚊帳が廃れた原因として、虫よけ普及の他に網戸も当たり前になってどんどん時代遅れになってしまったのかもしれません。

 

蚊帳は古臭くてもオシャレ感のある天蓋付きベットは憧れだったりする。

 あれ?よく見るとただの蚊帳じゃない・・・?

 

金鳥の渦巻K 缶(30巻)【金鳥の渦巻き】[蚊取り線香 虫よけ 虫除け 殺虫剤]

価格:1,080円
(2016/6/10 21:35時点)
感想(13件)

収納 北欧 天蓋ベッド パイプベッド シングルベッド お姫様ベット プリンセスベット 天蓋付きベッド 送料無料 おしゃれ プリンセスベッド

価格:28,000円
(2016/6/10 21:40時点)
感想(2件)

 

そういえば食卓に乗せるあれも見なくなりましたね

懐かしのこちらです。  

 

 

正式名称は蝿帳(はいちょう、はえちょう)実家では祖母がいるのでこれは見たことも使ったこともありますよ。でも今はラップかな・・・。

 

ちなみにあれが蝿帳という名前だということを今日初めて知りました。

私の中でのあれは「ご飯を守るやつ」です。 

 

さてさてそんな「ご飯を守るやつ」ですが、こちらもラップが普及したことで廃れてしまったのでしょう。

 

ラップと違い一度に複数のお皿を守ることができるのでこっちの方が楽な気がしますが、ラップをかけておけば料理も冷めにくいし、衛生的にもラップに軍配があがると思うので廃れてしまったのは仕方ないのでしょう・・・。 

 

 

なんと蝿帳は「キッチンパラソル」といった可愛らしいネーミングで現在もたくさん販売されていました。

か、かわいい・・・

キッチンパラソル 大 花柄/水玉10P13Dec14

価格:780円
(2016/6/10 21:57時点)
感想(0件)

フードウォームカバー Food Warm Cover 保温フードカバー キッチンパラソル【楽ギフ_包装】

価格:2,376円
(2016/6/10 21:58時点)
感想(1件)

 

改めて、蚊帳ってよくないですか?

 守られてる感がすごいです。

蝿帳もそうですが、あの網の中はまさに安全地帯

外からの侵入者を何人たりとも寄せ付けず(人?)

我々に安息と安眠をもたらしてくれる頼もしい存在・・・それが蚊帳なのです! 

ドーン 

これはまさにあのワンシーンの蚊帳そのものではないか・・・! 

 

 

ニーズはありそうだけどな・・・ 

そうだ、蚊帳って名前は古臭いからもっとオシャレな感じにすれば流行るかもしれません。

ちなみに蚊帳は英語だと「モスキートネット」です。どう?売れない? 

 

昔ながらの蚊帳は6畳で二万・・・!

伝統と夢をつむぐ蚊帳 大和(奈良)の特産 国産 片麻蚊帳 6帖用(6畳用) 【日本製】【越水(水色)】【静波(グリーン)】【節電 対策 エコ 麻蚊帳 お中元 モスキートネット かや 虫よけ 猫よけ デング熱】 【smtb-k】【w4】

価格:21,060円
(2016/6/10 22:12時点)
感想(31件)

安全地帯コンプリートベスト [ 安全地帯 ]

価格:3,291円
(2016/6/10 22:10時点)
感想(29件)

 

人間と虫の住み分けは必要

やっぱり彼らとの共存は難しいと考えています。

 

しかし話の通じる相手でもありませんので、やはりこの問題は我々人間側からの対処が必要かと思います。

蚊帳を使用すれば簡易的ではありますが、手軽に人間専用のプライヴェート・ゾーンを作ることができるので一つ持っておけば安心です。

 

しかし、何よりも彼らを家に侵入させないことが重要なので、窓を開けても網戸は忘れずに。

日ごろから部屋を清潔に保ち、特に臭いの出やすいゴミの処理は徹底するようにしましょう。

 

蚊帳は現在でもたくさん販売されていた

特に赤ちゃんがいるご家庭では虫よけに含まれる有害な成分が心配なので蚊帳を使用しているところが多いみたいですね。

蚊帳 ベビー 赤ちゃん ワンタッチ ムカデ対策

価格:2,270円
(2016/6/11 20:37時点)
感想(42件)

 

ワンタッチ式の蚊帳はまんま「ご飯を守るやつ」ですね。

こちらは設置の手間がないので非常に良いですね。

一度ご飯の気持ちになってみたい方にもおすすめします。

 

 

 

今年もできることならお家の中で虫にはお会いしたくないです!

虫嫌いのみなさん、これからの季節の害虫対策は共に万全でいきましょうね!

 

 

 いろんなタイプの蚊帳がある!

【送料無料】ワンタッチ蚊帳 L Be-50114(f318017) かや 蚊・ムカデ対策 寝具

価格:6,800円
(2016/6/11 20:34時点)
感想(0件)

【送料無料】【●日本製】洗えるワンタッチ大人用かや 蚊帳【RCP】

価格:9,007円
(2016/6/11 20:35時点)
感想(16件)

autoアウトドア

【新越前蚊帳 シングルベッド用(洋室1人用) EKBS-01】※発送目安:7~10日 fs04gm、【RCP】

価格:6,838円
(2016/6/11 20:36時点)
感想(0件)

蚊帳はアウトドアでは必需品ですね!

【送料無料】クイックキャンプ ワンタッチ ワイドスクリーンタープ 4m×2.8m UVカット&撥水加工 タープテント QC-SS400 【QUICKCAMP ワンタッチテント サンシェード 花見】【espb】

価格:14,800円
(2016/6/11 20:43時点)
感想(0件)