雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

紫外線を浴びる☀→シミができるのメカニズムについて疑問に思うこと

7月に入りましたね!

夏がきたわーい!!

 

最近の日中は太陽がさんさんとしていて本格的に日焼け&紫外線対策が必要になってきたなと感じます。

 

先日もお昼にランチを食べにちょっと外を歩いただけなのに頬のあたりがヒリヒリしてしまい、夏の日差しの強さを実感しているところです。

 

ところで私は巷でよく聞く「紫外線を浴びると将来シミになる」の常識をちょっぴり疑っている人間なのですが本当のところどうなんでしょう?

10年前に浴びた紫外線が原因でシミができる

f:id:yukiusagiv:20160718150848j:plain

そんな話をよく聞きませんか?

 

テレビや雑誌で毎年といっていいほど見聞きする紫外線の常識のようなものです。

しかも一生に浴びる紫外線のうちのほとんどが18歳までに浴びているものだそうで、じゃあもう手遅れじゃんという感じではありますが、雑誌とかにはそう書いてありました。

 

人間の細胞は3年で全て入れ替わる

これもよく聞くやつですね。

人間は生きている間、新陳代謝を繰り返しているのでこれは本当だと思います。

 

しかしこの話でいくと「10年前に浴びた紫外線でシミができる」というメカニズムには正直・・・

 

???

 

なわけなのです。

 

一体どこに10年も前の紫外線が蓄積されているというのか?

肌の深層部?

 

そこから10年程の歳月を経て徐々に徐々にシミが浮き上がってくると・・・

 

でもその理屈でいうと表面に浮いてきたシミだってその内剥がれ落ちるはずなのでは?

 

確かに人によっては消えることもあるみたいです。

しかしそんなに簡単に剥がれ落ちたら苦労しませんよね。

 

なんで深層部から10年もの時を経てじわりじわりと表面に浮かんでこれたくせに、表面に出てきたとたんずっとそこに居座ることができるのでしょうか?

 

元も子もない話ですが、やはり体質では?

結局、ここに落ち着きますよね。

身内の話で恐縮ですが、毎日のように畑や庭いじりをしている家の祖母(82くらい?)は全くシミがありませんし、逆に私の妹は(20代前半)にはシミがあります。

みなさんの周りを見渡してみても結局そんなものではないでしょうか?

 

紫外線はシミの元です!

※個人差があります。

 

ところでどのくらい紫外線には気を付けるべきなんだろう?

なんだかんだ言ってもね、はい、紫外線は私だって怖いです正直。

 

お肌の老化やシミの一因であることは間違いなさそうだし、オゾン層の破壊等により昔より紫外線量が増えているみたいでなので、ちゃんと対策はしておいたほうが良さそうですね。

 

ここ最近は化粧前に日焼け止めを顔に塗るようにしていますが、首とか腕に塗るのはつい忘れてしまうことが多いです。

 

紫外線量が一番多いのは春(3~4月)だということは知っているものの、太陽がギラつき始めてからやっと日焼け対策を行うのが毎年の恒例となっております。

本当は一年中日焼け止めは塗った方がいいそうですが・・・私にはちょっと難しいかな。

 

一応日差しの強い時には日傘も差すようにしていますが、正直曇りの日などは日傘はおろか日焼け止めすら「まあ、今日はいっか」と油断しっぱなしです。こんなことで私は将来大丈夫なのでしょうか?

 

みなさんはどのくらい紫外線を気にしていますか?

街を歩いていると全然気にしていなさそうな人もいれば、全身黒ずくめで完全防備している人など様々です。

最近では飲む日焼け止めもあるらしく、ずぼらな私にはとってもいいアイテムかもしれません。

でもちょっと怖いな、副作用とかないのかな?

 

紫外線対策は大切なことだと思いますが、気にしすぎるとキリがなさそうなのでここは程ほどに考えて短い夏をエンジョイしたいなと思います!

 

ただ、海とか山に行く人はちゃんと日焼け止めを塗る&日傘(帽子)を忘れずに!

ちょっと気を抜くとすぐにお肌が真っ赤になってヒリヒリと大変なことになりますよ~!

 

適度な日焼け対策で今年の夏も乗り切りましょー!