雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

敬老の日のために陶芸体験で湯呑を作りました。

9月19日は敬老の日!ということで、手作り湯呑をプレゼントしようと思い、今月7日に陶芸体験に行ってきました。

父の日と同じく今回も妹と行ってきましたよ。

yukiusaginobettaku.hatenablog.com

今回お邪魔したのは埼玉与野にある古陶里(ことり)さん

www.asoview.com

13:00から予約したのですが、フリータイム制だったので焦らず作業できて良かったです。

フリータイム制といっても作家さんがずっと指導してくれるので、私のような初心者でも素敵な作品が作れました!

 

父の日に続き、またまたアソビューさんで予約しました。いつもお世話になってます。

 

自分不器用ですから

父の日のガラス体験の時も思ったんですが、、、私こういうの向いてない。

不器用なのもありあますが、それ以上にどうにも飽きっぽい性格でこういった繊細な作業に向いてないみたいです。

一度練習として教室のお兄さんと一緒に湯呑の形を作ってみたのですが、もうこの時点で飽きてしまいました。

粘土は崩れやすいので少しずつ少しずつ形を作っていかなきゃならないんですね。

なので思ったよりも時間がかかって、もう練習の時点で完全に飽きていた私。

実はできあがった練習用の湯呑を見て「もうこれで良くない?私充分よくやったよ」って思ってました。

本当は「お兄さん、私これでもう十分です。」って言いたくて仕方なかったです。

 

そんな感じだったので本番ではさっさと湯呑作っちゃお!と思って即行で失敗しました。

そのせいでお兄さんに粘土を練り直してもらうことになり、結果さっさと作るどころか大幅なタイムロスとなったのでした・・・。(お兄さんごめんなさい)

 

一方妹は一人で黙々と作っていました。地味に陶芸経験者です。

 

お兄さんのおかげでそれなりの物ができました。

f:id:yukiusagiv:20160917224702j:plain

あ、あれ、それなりに上手くない?

 

妹が長細いオーソドックスな湯呑を作ったので私は違いを出すために丸みを帯びた感じにしました。

使用した粘土も白土と赤土で二人共別にしました。(私は赤土を使いました)

f:id:yukiusagiv:20160917224725j:plain

粘土があまったので自分用のどんぶりを作りました。

一応あまりもので作ったはずがプレゼントより立派になっちゃいましたね。

 

粘土に着色する色を決めよう!

教室には粘土の色見本がずらり。

やはりカラーによって随分イメージ変わります。

意外に薄いブルーなどの爽やかな色も綺麗に発色するんですよね。

妹は教室の方に色の出方などを質問しつつ、自分のイメージを固めていったみたいでした。

しかしこちらにはそんな余裕などありません。

「私の不器用さはここでごまかすしかないんだ!」と思い、とにかく渋めの色でなんとなくそれっぽく見えるやつってところを意識して茶系の色をチョイスしました。

これでこの後にプロの方が着色し焼き上げてくれればどうにかおじいちゃん、おばあちゃんの目を欺くことができると思うのです!

 

敬老の日に間に合わず

お兄さんが帰り際に今回の作品の完成がいつ頃になるのか教えてくれました。

聞けば「1ヵ月~3ヵ月程で完成します。」とのこと。

 

なるほど、3ヵ月ね。

 

おじいちゃん、おばあちゃんごめんね、全然間に合わないわ。

 

まあまあ、こういうのは気持ちが大事ですから。

一応作ったよ、ってことだけ報告して気長に待ってもらうとしましょう。

(気を利かせた妹がとりあえずお菓子を送ったみたいです。)

 

妹が楽しそうでなにより

妹はこういうのが好きで楽しんでいたので良かったです。

学生の時に陶芸をちょっとやったことがあったみたいでずっと「陶芸楽しいから!」って言ってたし、「ろくろを回してみたい!」とも言っていたので今回の陶芸体験の後も満足度が高そうでした。

 

この後妹が絶賛していた映画「君の名は。」を観に連れていかれたのですが、ことごとく妹とは趣味が合わないようです。

yukiusaginobettaku.hatenablog.com

 

追記:完成品が届きました~!

 

私が作ったのが左側の湯呑とお茶椀です。なかなかいい感じになりました。

f:id:yukiusagiv:20161104152550j:plain

敬老の日のプレゼントはもう送りましたか?

もう間に合わないけど!気持ちが大事ですよ。

 手作りもなかなか楽しいものです。

yukiusaginobettaku.hatenablog.com